CentOS 7にansible 2.0インストール

ansibleを使い始めて1年ぐらいになります。昨年は業務でansibleを使う機会を与えていただいて、とにかくansibleの1年でした。インフラエンジニアの守備範囲はあまりにも広大なのでansibleを多少できたぐらいでは何のアピールにもなりませが、好きな分野が1つ増えたのはよかったと思います。

そんなansibleですが、最近メジャーバージョンアップして2.0が公開されたそうです。

ANSIBLE 2.0 HAS ARRIVED
Ansible 2.0リリース!
Ansible 2.0 変更点まとめ

タスク機能やループ機能、追加されたモジュール等弄りがいがありそうです。
環境がないと何もできないので、いつでも使えるようにまずはインストール。

スポンサードリンク

環境

  • CentOS 7.2
  • Python 2.7.5

インストール(2016/01/12 時点)

EPELリポジトリインストール

[root@localhost ~]# yum install epel-release

ansibleインストール(–enablerepo=epelだとバージョン1.9がインストールされます。)

[root@localhost ~]# yum install ansible --enablerepo=epel-testing

ansibleバージョン確認

[root@localhost ~]# ansible --version
ansible 2.0.1.0
  config file = /etc/ansible/ansible.cfg
  configured module search path = Default w/o overrides

おまけ

今回はpipでansibleをインストールしてみようと始めましたが、すんなりいかず何とかansibleをインストールすることが出来てもコンフィグファイルがないという意味不明な状況になったので、結局EPELリポジトリから入れました。

[root@localhost ~]# ansible --version
ansible 2.0.1.0
  config file =
  configured module search path = Default w/o overrides

スポンサードリンク