VMware ESXi5.0

サーバ仮想化にVMware のESXi4.1を使っていたが、そろそろバージョンアップしているかと思い確認してみたら、8月24日にESXi5.0が出たばかりでした。
もともとESXi4.1で使用していたHDDが4~5年前のもので、同時期に買った同じモデルのものがすでに2台死亡状態。そろそろ交換したいを思っていたので、HDDの交換と仮想マシンのバックアップの検証を兼ねて新しいバージョンに移行することにした。
移行方法は仮想マシンをPCにエクスポートして、物理マシンにESXi5.0をインストール。 その後にエクスポートしていた仮想マシンを「OVFテンプレートのデプロイ」でインポート。
エラーなども発生せずそれほど時間もかからずに移行できて、ひと安心。
vSphere ClientからログインしESXi5.0上では問題なく仮想マシンが動いていることを確認。しかしSSHで接続ができない・・・。ping、nslookupも返ってこない。
っていうことは・・・vSphere Client から仮想マシンにログインしネットワークインターフェースを確認するとIPアドレス等が初期化されてました。ifcfg-eth0の情報を更新し無事認識されました。
ただしここで問題は完全に解決はしておらず、上記の方法でCentOS5.6は対処できたが、最新のCentOS6.0はネットワーク再起動でエラーが発生する。
ifcfg-eth0 のMACアドレスとESXi5.0で割り当てられてるMACアドレスが違っていたので 、たぶんこのあたりが原因かと思い、ESXi5.0でネットワークアダプタを消したり、ifcfg-eth0を削除して再度ifcfg-eth0を作成し直したら、なんとか認識されました。
ちゃんとした手順があるかもしれないから、一度ググって調べたほうがいいな・・・。ちなみに同じCentOS6.0のもう一台の仮想マシンはまだうまくいかない。同じ方法で試しているんだが。
今週も結局作業はたいして進まなかった。
ちなみに取り外した古いHDDは7月24日の アナログ終了で、25日に届いたBRAVIAの録画HDDとして余生を送ることになりました。

スポンサードリンク