ConoHa VPS CentOS 7でSSH設定

スポンサードリンク

はじめに

ISOイメージからインストールしたCentOS7.4にSSHの設定をした時の備忘録です。

 

OSインストール直後でユーザ登録までしていることを想定しています。

 

 

SSH鍵認証の設定

SSHログインを公開鍵認証のみに設定します。

 

パスワード認証の確認

デフォルトで有効になっていると思います。ConoHa 管理画面のコンソール操作になります。

/etc/ssh/sshd_config

PasswordAuthentication yes

 

MacからSSHでログイン

管理画面のコンソールではやはり勝手が悪いのでSSHでログインして操作します。サーバのインターフェースがアップしていることを忘れずに。

$ ssh ユーザ名@VPSのIPアドレス

 

公開鍵と秘密鍵の作成

途中で表示されるメッセージは全てデフォルト設定にするため、全てEnterキー入力。

$ ssh-keygen -t rsa -b 2048

Generating public/private rsa key pair.
Enter file in which to save the key (/home/*****/.ssh/id_rsa):
Created directory '/home/*****/.ssh'.
Enter passphrase (empty for no passphrase):
Enter same passphrase again:
Your identification has been saved in /home/*****/.ssh/id_rsa.
Your public key has been saved in /home/*****/.ssh/id_rsa.pub.
The key fingerprint is:
SHA256:***************************************** *****@*****
The key's randomart image is:
+---[RSA 2048]----+
|             o*+.|
|            .+.o.|
|          o E .. |
|         o + Bo  |
|        S + Ooo. |
|         * B *+  |
|        o B B++  |
|       . + +o++. |
|        .  o++*= |
+----[SHA256]-----+

 

公開鍵の置き換え

公開鍵をauthorized_keysファイルに格納します。

$ cd ~/.ssh/
$ cat id_rsa.pub >> authorized_keys
$ chmod 600 authorized_keys

 

秘密鍵の取得

サーバから一度ログアウトして、Macから取りに行く感じでコピー。

$ scp ユーザ名@VPSのIPアドレス:~/.ssh/id_rsa ~/.ssh/id_rsa_cnh

 

SSH鍵認証ログイン

コピーした秘密鍵を使ってログインできるか確認。

$ ssh -i ~/.ssh/id_rsa_cnh ユーザ名@VPSのIPアドレス

 

SSHの設定変更

サーバ側でSSHログインを鍵認証のみに変更する。(ついでにrootのSSHログイン禁止と空パスワード禁止)

# vi /etc/ssh/sshd_config

PermitRootLogin no
PasswordAuthentication no
PermitEmptyPasswords no

 

SSH設定の反映

反映後、Mac等からパスワード認証でSSHログインできないことを確認する。

# systemctl restart sshd.service

 

 

 

SSHポートの変更

セキュリティ的な効果はほとんどないかもしれませんが、それでも無駄なログイン履歴はなくなりますし。

 

sshdの設定変更

使用可能なポートは事前に確認しておくこと。

# vi /etc/ssh/sshd_config

#Port 22
Port *****

反映

# systemctl restart sshd

 

firewalldのSSHポート確認

デフォルトは22です。

firewall-cmd --info-service ssh
ssh
 ports: 22/tcp
 protocols:
 source-ports:
 modules:
 destination:

 

firewalldのSSHポート変更

firewalldのデフォルトのテンプレートは/usr/lib/firewalld/services/配下に保存されており、サービスの追加や変更を行う場合はデフォルトのテンプレートを弄らず、ファイルを/etc/firewalld/services/配下にコピーして変更します。ポートのところはタグの部分をコピーして、複数指定することもできます。

# cp /usr/lib/firewalld/services/ssh.xml /etc/firewalld/services/ssh.xml

# vi /etc/firewalld/services/ssh.xml

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<service>
 <short>SSH</short>
 <description>Secure Shell (SSH) is a protocol for logging into and executing commands on remote machines. It provides secure encrypted communications. If you plan on accessing your machine remotely via SSH over a firewalled interface, enable this option. You need the openssh-server package installed for this option to be useful.</description>
 <port protocol="tcp" port="*****"/>
</service>

反映

# firewall-cmd --reload

以上となります。

スポンサードリンク