WordPress ダウンロードと設定

スポンサードリンク

はじめに

WordPress を Apache 2.4 + MySQL 5.7 + PHP7 の環境で構築。今回はCMSであるWordPressの内容になります。

 

対象バージョン

バージョン
WordPress 4.9.2

最新バージョンは公式HPで確認してください。

 

サーバ環境(ConoHa VPS)

バージョン 参照
CentOS 7 7.4.1708
OpenSSL 1.1.0g OpenSSL 1.1.0 導入
Apache 2.4.29 Apache 2.4.29 導入
MySQL 5.7.21 MySQL 5.7.21 導入
PHP 7.2.1 PHP 7.2.1 導入

 

 

手順

ダウンロード

# cd /var/www/html/
# wget https://ja.wordpress.org/wordpress-4.9.2-ja.tar.gz

展開

# tar zxvf wordpress-4.9.2-ja.tar.gz

ダウンロードファイル削除

# rm -f wordpress-4.9.2-ja.tar.gz

WordPress用データベースとユーザの作成

#DB作成
mysql> CREATE DATABASE <DB_NAME>;

#ユーザ登録
mysql> CREATE USER '<USER_NAME>'@'localhost' IDENTIFIED WITH mysql_native_password BY '<PASSWORD>';

#権限登録
mysql> GRANT ALL PRIVILEGES ON <DB_NAME>.* TO '<USER_NAME>'@'localhost';

#反映
mysql> FLUSH PRIVILEGES;

作成したデータベースとユーザの確認

mysql> SHOW DATABASES LIKE '<DB_NAME>';
+----------------------+
| Database (<DB_NAME>) |
+----------------------+
| <DB_NAME> |
+----------------------+
1 row in set (0.00 sec)

mysql> SELECT Host,User,Plugin,authentication_string FROM mysql.user WHERE User='<USER_NAME>';
+-----------+--------+-----------------------+------------------------------------------------+
| Host | User | Plugin | authentication_string |
+-----------+--------+-----------------------+------------------------------------------------+
| localhost | <USER_NAME> | mysql_native_password | <PASSWORD> |
+-----------+--------+-----------------------+------------------------------------------------+
1 row in set (0.00 sec)

mysql> SHOW GRANTS FOR '<USER_NAME>'@'localhost';
+--------------------------------------------------------------------+
| Grants for <USER_NAME>@localhost |
+--------------------------------------------------------------------+
| GRANT USAGE ON *.* TO '<USER_NAME>'@'localhost' |
| GRANT ALL PRIVILEGES ON `<DB_NAME>`.* TO '<USER_NAME>'@'localhost' |
+--------------------------------------------------------------------+
2 rows in set (0.00 sec)

wp-config.phpの編集

# cd wordpress

# mv wp-config-sample.php wp-config.php

# vi wp-config.php

/** WordPress のためのデータベース名 */
define('DB_NAME', '<DB_NAME>');

/** MySQL データベースのユーザー名 */
define('DB_USER', '<USER_NAME>');

/** MySQL データベースのパスワード */
define('DB_PASSWORD', '<PASSWORD>');

/** MySQL のホスト名 */
define('DB_HOST', 'localhost');

/** データベースのテーブルを作成する際のデータベースの文字セット */
define('DB_CHARSET', 'utf8mb4');

/** データベースの照合順序 (ほとんどの場合変更する必要はありません) */
define('DB_COLLATE', '');

認証用ユニークキーを作成するため、オンラインジェネレータでユニークキーを取得する。

取得した認証ユニークキーをwp-config.phpに設定する

# vi wp-config.php

/**#@+
 * 認証用ユニークキー
 *
 * それぞれを異なるユニーク (一意) な文字列に変更してください。
 * {@link https://api.wordpress.org/secret-key/1.1/salt/WordPress.org の秘密鍵サービス} で自動生成することもできます。
 * 後でいつでも変更して、既存のすべての cookie を無効にできます。これにより、すべてのユーザーを強制的に再ログインさせることになります。
 *
 * @since 2.6.0
 */
define('AUTH_KEY',         '**********************************');
define('SECURE_AUTH_KEY',  '**********************************');
define('LOGGED_IN_KEY',    '**********************************');
define('NONCE_KEY',        '**********************************');
define('AUTH_SALT',        '**********************************');
define('SECURE_AUTH_SALT', '**********************************');
define('LOGGED_IN_SALT',   '**********************************');
define('NONCE_SALT',       '**********************************');

改ざん対策のためwp-config.phpのパーミッション400にする。

# chmod 400 wp-config.php

# ls -l wp-config.php
-r-------- 1 apache apache 4954 Feb 19 14:18 wp-config.php

ダウンロードしたwordpressディレクトリをルートディレクトリまたはサブディレクトリにするかはApacheの設定を確認してください。今回はwordpressディレクトリをサブディレクトリとして表示させて、ディレクトリ名を変更します。

# cd /var/www/html
# mv wordpress esthome
# chown -R apache:apache esthome

インストールスクリプトの実行のため、ブラウザでアクセスする

http://<SERVER_IP or FQDN>/esthome/wp-admin/install.php

画面の指示に従って操作します。

 

参考

 

スポンサードリンク